利用者急増の新宿出張マッサージの魅力

Last Updated on 2024年5月24日 by admin

利用者急増の新宿出張マッサージの魅力

新宿出張マッサージというとなんとなく性的なサービスを連想するところがあるかもしれませんが、実際にはそのようなことはなく、全身や部分マッサージ、またアロマを使ったマッサージ、タイマッサージなどもあります。近年ではこうした新宿出張マッサージを利用する人たちが急増しています。それはホテルや自宅にいながらマッサージのサービスを受けることができること、また好みのセラピストを選ぶこともできること、深夜の遅い時間帯でも対応してくれるなどのメリットがあるからです。

マッサージを受けるために店舗に行くのが面倒ですし、夜は時間になると閉まってしまう、混んでいると待たされるというデメリットがありますが、新宿出張マッサージではそうしたものがないので利用しやすいのです。そして新宿出張マッサージを展開する業者が増えているので、各業者が売り上げを伸ばすためにサービスのクオリティを高めており、料金もより利用しやすい価格帯になっていますのでおすすめです。新宿出張マッサージを展開する業者が増えている

https://thubo.biz/shinjyuku/

手で触るという癒しの力、新宿のマッサージ

私が新宿に住んでいた頃、12時間勤務で酷く疲れていたのでマッサージを受ける事にしました。その新宿のマッサージ店はチェーン店だと思うのですが、普通のマッサージとオイルマッサージがあるお店でした。値段は普通のマッサージのコースで45分3000円でした。オイルマッサージにも興味があったのですが、かなり割高な値段設定だったので普通のマッサージにしました。
施術室は簡単な個室になっていて薄暗くしてあり、アロマのような香りがしました。そこでマッサージ用の服に着替えて施術を受けました。うつ伏せで寝るのですが、顔の所には穴の開いた専用の枕があるので全く息苦しくなくリラックスして受ける事が出来ました。首筋から背中の辺りがかなり疲れていたようで、気持ちよかったです。施術が始まってから10分位で体がほんのり温かくなってきて、呼吸も深くなりふわふわとした感覚になりました。マッサージが終わってお茶を一杯貰って終了です。
帰り道で身体を回してみると明らかに軽くなっていたので驚きました。マッサージとしても効果がありますが、やはり人間は人の手で触ってもらうと癒されるんだなと思いました。あの体が温かくなる感覚や深い呼吸はマッサージ機では感じた事が無かったので、人にやって貰うことがポイントなんだと思います。人の手には癒しの力があると言われますが、私もあると思います。

東京副都心の1つであり最大の繁華街・新宿

東京副都心の1つであり最大の繁華街・新宿

新宿と言えば、日本どころか世界の駅でもっとも1日あたりの乗降数(300万人超)が多いJR新宿駅を擁すると共に、東京都庁も立地する、東京の副都心と呼ばれる地域です。

また、日本を代表する歓楽街・歌舞伎町があるだけでなく、多くのデパートや大型量販店が出店する、日本一の繁華街としての性格を持った街でもあります。

歴史的に見れば、江戸時代の甲州街道の宿場町として発展してきたこともあり、新宿の「宿」はまさにそれを意味しています。

明治維新後は一時期衰退しかけた時期もありましたが、1923年の関東大震災後に流れが変わります。

東京でも地盤が強く被害が少なかった新宿地域は、被害が多かった他の地域からの人口流入などで、繁華街として発展することとなりました。

戦後も空襲などの影響を多少受けたものの、東京の発展と共に繁華街として発展しました。

高層ビル群が立ち並ぶ東京副都心としての地位も、1991年の東京都庁移転で頂点に達し現在に至ります。